読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知るブログ

日々の気付きが成長をもたらす。「あっ!そうか!」で人生が変わる。

職場で自分だけ損をしていると感じたあなたに読んでほしい

いつも損な役ばかりやっているあなた。職場では、文句言ったもん勝ちみたいなところがあります。何でもはいはい言ってくれる人の所に面倒臭い仕事が集まってきます。みんな自分の保身のことしか考えていません。あなたがそんな人のために、犠牲になる必要は…

日本の社会に必要ないもの。 みんな一緒とかってもうやめようぜ!

残念なことに日本の社会には、みんな一緒という文化が根付いています。高校の文化祭で、みんなが手を上げる中、私1人だけお好み焼き屋をやりたくないって言ったら、担任に怒られたっけ。それからは、みんなに合わせることに必死でした。社会に出るようになっ…

体験レポート 大腸検査って痛いの?

今年に入ってから、原因不明の急な胃痛と下痢に悩まされていたので、検査を受けてきました。前回受けた胃カメラが苦しかったので、検査をやる前から憂鬱でした。覚えている範囲で私がやった事を書いておきたいと思います。 結論、痛くない 心配するほどたい…

職場にいる。こんな人と一緒にいると成長出来ないなと思う人

急に悪い人間関係を整理したいと強く思うことがあります。やっぱり良い人間関係に恵まれて生きていきたいものです。でも、職場ではそうもいかないのが事実です。人の振り見て我が振り直せ。自分に戒める意味も込めてダメな人の共通点を上げてみたいと思いま…

良質なひらめきを得るために実践してほしいこと

こんな経験ありますか?考えても思いつかなかったことがハッと、目の前の霧が一瞬にして晴れる。または、一瞬にして視界が開ける感覚です。ひらめき、気付きとも言います。このひらめきが成長をもたらし、人生がよりいっそう豊になることでしょう。 よく寝る…

迷いがあったら彼女との結婚を考え直してくれないか。離婚経験を持つ俺の話を聞いてくれ!

私は1度結婚で失敗しています。離婚原因は妻の浮気です。結婚後半年で別居、その半年後に離婚をしています。今思い返せば結婚を止めとけばよかったと思う場面が何度かありました。渦中にいるとなかなか正常な判断が出来ませんでした。結婚すれば変わってくれ…

2度結婚した僕が、早く結婚したい男性の為に、出逢いの作り方教えます

国立社会保障▪人口問題研究所の調査で生涯未婚率が過去最高という記事を見つけました。男性23%、女性14%とのこと。同研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によるといずれは結婚したいと考える18~34歳の未婚者の割合は男性85.7%、女性89.3%だった。…

創造力を手に入れろ!

子供達のお気に入りレゴブロック。何かテーマを決めてほんの数分で作ってしまう。簡単そうに見えるが、実際に私もやってみるとなかなかうまく作れない。どこから手をつけていいのかわからないものである。子供の空間を認識する能力▪創造力の高さには感心して…

興味を持つことが子供を天才に育てる

私の子供達(長男7歳、次男5歳)を見ていて思うこと。成長するにつれて自分から興味を持って何事にも取り組むようになってきました。それと同時に結果も伴うようになってきました。興味のないことには見向きもしません。興味を持つことが全ての始まりです。歴…

新学期が始まります。通学中の安全対策大丈夫?交通事故や犯罪に巻き込まれないために親がやるべきこと

もうすぐ4月です。早いですね。新年度が始まります。我家も小学2年生と幼稚園年長さんになる子供達がいます。そして、小学生になったら親の送り迎えがなくなります。通塾を始める子供達もいるかと思います。新一年になったばかりの時には心配で仕方ありませ…

サラリーマンとして生きてゆく。リスクと心構え

サラリーマンのイメージとして一番始めに思い浮かぶのは、安定!次に社会保障の充実、休みが多いなどではないでしょうか?でもそれって最低限のでしょ?死なない程度の安定と保障。サラリーマンやっている僕がそう思った。それって本当の安定なのか?会社の…

チョット待って!その人、本当に「いい人」?見分け方教えます。

「いい人」の定義とは?この辺は人それぞれだと思います。また、感じ方もかなり曖昧な気がします。 あなたはどう思いますか? 「いい人」を計算して演出している人は、世の中に存在します。 近所の人・学校や職場の人・友達など。 あなたの身の周りはいませ…

物事が上手くいかない時どうしたらいいのか?

「物事がうまくいかない。」「良い方向に話が進まない。」「順調にきていたのに、誰かの一言で一瞬でひっくり返った。」なんて事は今までにありませんでしたか? 今現在そう感じている人もいるでしょう。 どの入り口も塞がって開かない。当然生きていれば浮…

キッズ ニューバランス KV996が最高にイケてる理由

ニューバランの歴史から簡単に 1906年、ボストンで生まれました。 扁平足などを治す矯正靴のメーカーとして始まり、60年代にはこの知識をもとに、カスタムメイドのランニングシューズの製造を始めたそうです。 newbalanceの由来は、"履いた人に新しい感覚を"…

妻が体調不良 夫が取るべき3つの対応

妻の突然の体調不良に困ったしたことはありませんか? 子供の事や家の事・・・ ここで協力する事でパートナーとより良い関係を築くことができるでしょう。 対応次第では夫婦関係にヒビが・・・なんてこともあるかもしれません。 ピンチはチャンス、ここでグ…