知るブログ

日々の気付きが成長をもたらす。「あっ!そうか!」で人生が変わる。幸せに生きるコツを考えるブログ

新学期が始まります。通学中の安全対策大丈夫?交通事故や犯罪に巻き込まれないために親がやるべきこと

 

f:id:susumenoburogu:20170404100429j:plain

もうすぐ4月です。早いですね。新年度が始まります。我家も小学2年生と幼稚園年長さんになる子供達がいます。そして、小学生になったら親の送り迎えがなくなります。通塾を始める子供達もいるかと思います。新一年になったばかりの時には心配で仕方ありませんでした。昨日まで幼稚園だったのに今日から1人で大丈夫か、交通事故や犯罪に巻き込まれないかと。ランドセルを背負った姿を見ると余計に心配になってしまいます。だって、ランドセルに隠れちゃうから。心配ですよね?そう思う親御さんは多いはずです。ちょっと気をつけるだけで、交通事故や犯罪に巻き込まれる確率をグッと減らすことのできる安全対策を紹介します。長男と次男は大きな怪我や事故もなく、一年間無事に過ごすことができました。

交通事故対策編

決められた通学路を歩きましょう

学校、地域、警察で決めた最も安全なルートです。

横断するときは左右確認

確認したからとすぐに渡らない。確認して満足しないように一呼吸おいてから渡りましょう。ギリギリで進入してくる車もあります。

運転手さんがこちらに気付いているかを確認してから渡りましょう

運転手さんが気付いていない時もあります。必ず運転手さんと目を合わせてから渡りしましょう。

信号機が点滅してから渡らない

横断の途中で赤信号に変わってしまうかもしれません。次まで待ちましょう。

横断歩道▪歩道橋を必ず使いましょう。

無理な横断は危険です。やめましょう。

店舗や駐車場などに面しているところでは、車の出入りが激しいので注意が必要です

出入りする車に注意して、よく周りを見ながら歩きましょう。

道路に広がって歩かない

 歩道や白線のない道路では、右側のはじを歩くようにしてください。左側だと後ろから来た車に気が付かないこともあります。右側だと前に車が見えます。歩道のあるところは歩道を、白線のあるところは内側をあるきましょう。

道路上では遊ばない

飛び出しの原因になります。危険ですのでやめましょう。

防犯対策編

決められ通学路を歩き、寄り道しないで真っ直ぐに家に帰りましょう

寄り道せず決まったコースを通ることで、ある程度決まった時間に帰ってきます。遅れたりすれば異変に気が付きやすくなります。

人目につかない場所、人道りの少ないところは歩かない

犯罪に巻き込まれやすくなります。犯罪者が待ち構えているかもしれません。気を付けて下さい。

 複数で登下校する

1人になる時間を極力減らして下さい。必要ならば親同士で協力し補い合いましょう。

地域の人に積極的に挨拶をする

顔を覚えてもらうことで気にかけてくれるようになります。地域の目が防犯効果を高めてくれます。挨拶を習慣化するよう子供に教えましょう。

防犯ブザーを使いましょう

すぐに手の届くところに取り付けてください。音が大きく使い易い物を選びましょう。

まとめ

定期的に通学路を子供と歩いて下さい。一緒に危険箇所を探すことで、安全、防犯に対する意識も高まります。道路状況は日々変化しています。何か気が付いた点があったら学校、警察に相談してみてください。そして、大切なのは繰り返し教えることです。