知るブログ

日々の気付きが成長をもたらす。「あっ!そうか!」で人生が変わる。幸せに生きるコツを考えるブログ

職場で自分だけ損をしていると感じたあなたに読んでほしい

 

f:id:susumenoburogu:20170429053835j:plain

いつも損な役ばかりやっているあなた。職場では、文句言ったもん勝ちみたいなところがあります。何でもはいはい言ってくれる人の所に面倒臭い仕事が集まってきます。みんな自分の保身のことしか考えていません。あなたがそんな人のために、犠牲になる必要はまったくないです。同情はしてくれても、何かを代わりにしてくれることは絶対にありません。自分より相手、という考えができるあなたは心の優しい人です。ここ一番では、まず一番先に行動に移すことできるタイプです。まさに有言実行。こんな人が上司や先輩なら頼もしい限りです。何か頼まれたり、困っている人がいたりするとほっとけないんですよね。都合よく使われてるなとわかっていても、ついつい手を差し伸べてしまいます。そして、いつの間にか不満ばかりが溜まっていきます。不満を爆発させる前に読んでほしい。

会社や他人なんてしょせんそんなもの、想定内で付き合う

会社や相手のため無理しすぎていませんか?利害が絡んでくる職場では、やってくれてラッキー位にしか思ってもらえません。寂しいですけど、職場での人間関係なんてしょせんそんなものです。職場では、すぱっと迷わず割り切っていきましょう。四六時中生活を共にしているわけではありません。職場はこんなもの。そう思うことで気持ちが楽になります。自己犠牲の上に幸せは成り立たちません。無理なものは無理、と断わることも必要です。会社や相手のために、自分が不幸せになってしまっては本末転倒です。自分の気持ちに余裕がある時に、何か力になれたら位のスタンスでいいと思います。まずは自分。自分のためがまわりまわって、結果的に会社や相手のためになっていきます。

周りはいつも正しい評価をしてくれるとは限らない

本当に会社や相手のためですか?それとも自分の評価のためですか?もう一度よく考えてみて下さい。会社や相手のためと思いながらも、実は自分がいい人に見られたいがためにやっていることって結構あります。これって他人基準の人生です。あなたは、他人のために生きているわけではありません。それでは心だけ疲労してゆくばかりです。評価ばかり気にしていると、すべてを引き受けていかなければなりません。かといって、やっただけ評価が上がるとは限りません。都合のいい人で終わってしまうケースがほとんどです。これを避けるために、しっかりとやるやらないの境界線を作ることです。損をしない人ってここの線引きが上手いです。

損をしない人って、普段から周りへの気使いとフォローを忘れない

文句ばかり言って断ってばかりいると、ただの嫌な奴になってしまいます。でも、損をしない人は、それでも評価が高いです。なぜでしょう?私の身近にいる損をしない人を観察してみると、普段から分け隔てのない付き合い方をしています。どこのグループにも属さないフラットの位置にいます。何かあっても、あの人なら仕方ないという関係を築いています。そういうキャラを上手く作っているんですね。あなたの周りにもいる損をしない人をよく観察してみて下さい。

頑張らなくていいんです

あなたがやらなくても、会社はそれなりに回っていきます。あなたがやらなくても、誰かがやります。その誰かが損をする人です。それが今までのあなたです。疲れた時には断ってもいいんです。もっと自分を大切にしましょう

 まとめ

他人のための人生ではないです自分のための人生です。でも、分かっていても思い通りに進まないのが現実。損をしていると分かっていても、何か目標があって、今は自分の成長のためと突き進むのもいいかと思います。未来は誰にもわかりません。それが新たな突破口になっていくのかもしれません。私は損とわかっていても、自分の道を突き進んで行きたいと思います。

もう疲れた!なら、思い切って断っちゃいましょう。