知るブログ

日々の気付きが成長をもたらす。「あっ!そうか!」で人生が変わる。幸せに生きるコツを考えるブログ

自分を変える!偉業を成し遂げることが成功だと思ってない?自分だけの成功の道を見つければいいんだよ

自分を変える

「自分を変える!」思い立ったが吉日。

 

何にかを始めるのに遅いということはありません。自分を変えるためにやってきたことを話したいと思います。

 

自分を変えるためには、「意志」と「行動」の歯車をうまく噛み合わせていく必要があります。自転車のペダルをスムーズに回すイメージです。

 

私は、8年前から週2回休まずマラソンの練習をしてきました。5キロ35分くらいだったのが、今では20分20秒で走れるようになるまで成長しました。

 

速い人からみればたいしたタイムではないけれど、走ることが大の苦手な私としては大きな成長です。

 

トレーニングメニューを「試行錯誤」し、「意志」と「行動」の歯車を回し続けることで目標を達成し成功することができました。

 

苦手なものを克服したことで自信が持てるようになり、自分は変わったと胸を張って言えるようになりました。

 

誰にでも憧れや目標があるはずです。その方法は以外にもシンプルでした。

失敗は成功するたにめ欠かせない

私が一つだけ自信を持って言えることがあります。

 

それは、信念とでも言うべく強い意思を持って取り組んできたこと、具体的な目標をイメージしてきたことです。

 

自分は変われると強い意思のベースとなっているのが学習意欲でした。

 

失敗を繰り返しうまくいかなかった原因を前向き受け止めて、次につなげていく姿勢は、うまくいかない時でも「今は目標を達成するまでの過程だ」と、自分を励まし挑戦する意欲に変えてきました。

 

うまくいかないことや失敗は自分の能力を決めるものではありません。

 

すぐに諦めてしまうのはもったいない、自分を変えるための通過点にしか過ぎないのです。

過去を思い返し、未来を想像する

成功したこと、失敗したことを再確認して正しい目標設定をしてきました。少し頑張れば達成できそうな目標を繰り返し繰り返しコツコツとやってきた結果です。

 

失敗したことを振り返ることは辛いことです。どうしても気持ちが後ろ向きになって自分を責めてしまいます。

 

辛い辛いと嘆いてばかりいても状況は変わりません。

 

変われると信じて続けていくことが、これから先を切り開く力になるということを伝えたいです。

 

ペースは人それぞれ、ゆっくりでもいいので立ち止まらないで前を向いて歩いて行くこと。

 

歩みさえ止めなければ、誰でもゴールに必ず到達することができるのです。

1人の壁

結婚してからはまとまった時間がとれないため、隙間時間を見つけて走るスタイルでやってきました。

 

チームや練習会などに参加するわけでもなく基本1人です。能力の差もありますが、1人だとどうしても限界というものを感じてしまいす。20分切りまであと少しですが、壁というものが見えてきました。

 

そんな時、人からちょっとしたアドバイスを受けたら状況が良い方向に行くなんてことも多くあるかと思います。

 

同じ目的を持ち切磋琢磨できる仲間、目標を達成した時に感動を味わえる仲間を自分から求めることの必要性を感じています。

 

周りからのアドバイスやフィードバックがあれば、目標を格段に達成しやすくなります。

 

その反面、ブログやSNSで「週末は大会に参加してきました!」や「みんなで○○に行ってきました!楽しかった!」なんてのを目にすると、まとまった時間がとれない不満から性格の悪い私は、「ケッ!いいな、いいな。」と羨ましく思ってしまいます。

 

他人が成功したり、他人に良いことがあると、否定的な気持ちになってしまうもの、思い通りにいかない時に他人の幸せや成功を素直に喜べない時もあります。

 

人との繋がりを強くするためには、こういったネガティブな感情を排除していかなければなりません。

 

羨ましく思うってことは、相手は自分の欲しいものを持っているということ、ただ羨ましく思うのではなく、そこをよく観察することで何かヒントが見つかるかもしれません。また、コツを聞いてみることもいいかもしれません。

 

他人の幸せや成功を喜ぶことは、自分の成長にもつながってくるものだと思います。

まとめ

成功と聞くと何か遥か遠くにあり、今の自分とはかけ離れたイメージですが、もっと身近にあるものです。

 

成功とは、偉大なものだとイメージばかりに囚われすぎている人が多すぎます。

 

「昨日までできなかったことが今日できるようになった」「ゆとりのある生活をすること」「年に1回家族旅行すること」「ブログで100記事達成」など、笑顔になれる時、楽しめる時、それが成功です。

 

お金持ちになる、世界で活躍する、ビジネスで大成功することばかりが成功ではありません。

 

自分らしく生きることができれば、それは自分の人生においての成功なのではないでしょうか。

 

成功とは、もっと気楽なものでいいと思う。

 

最後に笑っていれば、何度失敗してもいいのです。

おわり