知るブログ

日々の気付きが成長をもたらす。「あっ!そうか!」で人生が変わる。幸せに生きるコツを考えるブログ

優柔不断とは良質の決断の仕方である、短所だと思っていたことを長所に変える方法


迷い

人生は選択の連続だ。失敗や変化を恐れてなかなか決断できない、決断した後で後悔してしまう、そんな悩みすぎる優柔不断な自分に嫌気がさしてしまうことも少なくありません。

 

考えれば考えるほど不安になってしまい、諦めたり保守的な決断をしてしまう、未来のわからないことに不安を感じることは、人として当然の心理だと思います。

 

そんな優柔不断の私が学んだ長所に変える方法を紹介したいと思います。

 決定的に足りないものが経験

自信は経験によって裏付けされるもので、考えているだけでは身につきません。

 

失敗を恐れるあまり行動できず、なんとなく流されて決まってしまったということが多く、自分で決めて成功した、失敗したという経験が少ないのです。

 

自らが積極的に決断することで、今後の人生の充実度は大きく変わってきます。

考え方の癖と意識の方向を知っておくこと

優柔不断は短所に思われがちですが、アプローチの仕方を変えていくことで長所にすることができます。

  • 迷うだけあって選択枠が多い
  • 選択枠の数だけ豊富なシュミレーションをすることができる
  • シュミレーションをするために絶えず多くの情報を集め取り入れている
  • その情報をもとにシュミレーションを掘り下げて考え、色々な不安要素をピックアップできるので、危機管理能力が高い

どうでしょうか、選択を間違える要素が少ないことがわかります。

 

こんなに素晴らしい能力を持っているのです。

 

最大限に活かすために身につけておきたい2つの力があります。


f:id:susumenoburogu:20170613204318j:image

迷いながらやりきる力

最初から1つに決めてしまい、多くの可能性を切り捨てる必要はありません。とりあえず迷いながらでもいいので、いくつかのパターンをやってみて下さい。

 

虫食いでもいい、途中までやっておいてひとまず脇に置いておくのもいい、温めておいて必要な時に引っ張り出すのもいい、駄目だったら引いてみればいいし、別のやり方を試すのもいい、細かいフィードバックをして最終的に1つに絞っていけば後悔の少ない決断が必ずできます。

 

臨機応変なスタイルで質の高い手段は1つでも多くあったほうがいい、その質は 、情報を集め自分が経験することで高めていくことができます。

 

人生を左右するような選択じゃない限り失敗を取り返せるチャンスはいくらでもあり、その時はやり方を変えていけばいいんです。

 

考えすぎて頭でっかちになっていませんか。迷うことが悪いんじゃなくて、失敗を恐れて行動しないことが問題です。

 

正直、手探りで正解がわからないまま進めていくことはとても不安なことです。

 

「なぜ?」と考えるから落ち込む、考えるから道に迷う 、考えることを止めて行動しなければ変わりません。

空気を読まない力

今は、情報がたくさんありすぎて、やる前から結果を予測して諦めてしまう「どうぜ駄目だ 」「やっても意味ない 」と、全てがあなたには当てはまるとは限りません。

 

人間のやることなんてやってみなければわからないし、諦めた時から成長は止まってしまいます。

 

世界で活躍してきたパイオニア達は、前例がない中で挑戦してきた、その時の世間の常識は「どうせ駄目だ」「やっても意味ない」と言われていたにも関わらず、その時の常識を打ち破って活躍してきた人たちは沢山います。

 

周りの常識や固定観念に囚われないこと、否定的な意見に耳を貸さないこと、あなたの思い込みで1歩を踏み出せないのはもったいない、決断を恐れないでほしいです。

まとめ

仮に失敗したとしても、その後、どのように行動したかが自分の糧になり重要なことです。

 

大切なのは過程であり、完璧だと思える準備をしておくこと、その過程が心を強くし、更なる高みに自分を連れていくことができるのです。

 

それを積み重さねていくしかありません。

 

短所は変えるんじゃなくて、道具としてどう使うかのほうが、人生楽に生きられるのではないでしょうか。

 

失敗しても必ず次がある、勇気を持って決断してほしい。

おわり。